大人になって実感 学校は貴重すぎる場所

小学校で食べ給食が懐かしい

小学校で出されていた給食は栄養士のおばさんが考えたメニューなので、残さず食べることによって健康的に成長するのだと思いますが、私はその頃どうしても食べられないものがあり、昼休みの時間にちょっとずつ食べていたことを記憶にあります。献立は毎日違うので、今日はどんな献立か楽しみがあります。また、小学生がクラスで交代で給食当番があり、割烹着を着てみんなに配っていました。私が好きだったのがソフト麺です。このソフト麺を全部入れると器に入りきれないので、四分割にして、食べていたのを記憶に残っています。

ひな祭りの日には雛あられが出たりして、普段と違うものが出されると学校へ行きたくなりますね。今の給食は、私たちが食べていた給食の献立とまったく違うことには時代の流れを感じますね。大体、クラス分の鍋を人数分配ると余ることが多く、体の大きかった私は、よくおかわりをして食べていたのです。昔の給食のことを思い出していたら、あの時の給食を食べたくなりますね。給食も食べる教育として成長期の子供には、とても大切なことなのです。私には娘がいるのですが、何でも残さず食べないといけないということを言ってあるので、今では好き嫌いはないそうです。

関連サイト

Copyright (C)2017大人になって実感 学校は貴重すぎる場所.All rights reserved.