大人になって実感 学校は貴重すぎる場所

学校というのは貴重すぎる場所

日本では小学校と中学校が義務教育であり、全ての子供に学ぶ機会が与えられます。子供達は学校に行き、色々な知識を与えられ、その中で、自分の得意不得意な事に気がついていきます。そして、学年が高くなるに連れ、好きな事をしながら才能を伸ばしていけるのが理想です。更に、色々な人に出会いながら、刺激を受け、生涯の親友となる人とも出会ったりもするでしょう。このように、学校というのは貴重すぎる場所なのです。

まず、小学校中学校の義務教育ではその後生活していくために困らない基本的な学問を与えられます。その中で、好きな学問や嫌いな学問が出来てきます。また自分が得意な事にも気がつけるでしょう。義務教育の間の調理実習の時間に自分は料理が好きだと気がつく生徒もいるでしょう。それで、その後料理の道に進もうと思うかもしれません。またある人は英語が好きだから、英語を生かした仕事につける進路を選択していくようになるかもしれません。そして、その間、色々な友人と出会い、色々な人付き合いを学び、長く付き合っていく友人と出会ったりもするでしょう。もちろん、義務教育ですから、好きな事ばかりを学べるわけではありません。しかし、色々な事を学ばせて貰えるという事はありがたい事なのです。実際に学校に行っている時期には嫌いな事もやらされる感じもあるでしょう。しかし、大人になってみると、学校はありがたい場所だったと多くの大人は思うものです。

関連サイト

Copyright (C)2017大人になって実感 学校は貴重すぎる場所.All rights reserved.